JRの送電線

皆さんは,JR専用の発電所があるのをご存知でしょうか? 実は,自宅の近くの自分の土地の上をその送電線が通過しているのです. ちゃんとJRからの線下補償もわずかですがもらっていたのです. いつも何気なく見ているこの送電線が首都圏の電車を動かしているのだとは 物心ついてこのかたまったく知らず,ごく最近になって知ったのです.
JR東日本より入手した資料によると概略は以下の通りです.

左は小千谷発電所・右が千手発電所


千手発電所建設の際、十日町駅から専用軌道が敷設されて資材運搬をしていたという。

水力発電所所在地  小千谷,新小千谷,千手 
          いずれも新潟県の信濃川水力です.

火力発電所     川崎

幹線送電経路    六日町−−沼田−−岡部町−−武蔵境−−新鶴見−−大井町
          −−浜松町(電圧154KV)
          上越国境をどこで越えているか詳細は不明ですが,清水峠付近
          と思われます.
          新鶴見・浜松町間は地下線路のようです.

電力使用線区    上越線宮内以南,高崎線,東北線黒磯以南,中央線酒折以東,
          常磐線藤代以南,東海道線辻堂以東,横須賀線,横浜線長津田,
          武蔵野線で囲むE電各線区.

嵐山町内の鉄塔
 


小生の家は上記の岡部町−武蔵境間の線の近くにあります. 今では電車の本数も増えて,ほとんどが川崎火力か電力会社からの供給かも知れま せんが,自分の利用する電車が信濃川の水の力で動いているのかと思うと,ロマン を感じますね.
鉄塔の注意書きには新幹線のイラストが入っています。

PS:つい最近、雑木林を越える部分で地上高を上げる工事が行われていました。 線下の木々を伐採せずに自然を守るための工事と思われます。


Copyright (C) 1997-2003 JA1KLB

inserted by FC2 system