SLやまぐち撮影の旅
1991年(平成3年)

今年の連休はどう過ごそうかと思っていたのですが,前半を利用してSLやまぐち号 の撮影に行ってきました. 乗車券は津和野/萩フリー乗車券と行きの寝台券のみ用意.その他の予定はいつもの とうり行き当たりばったりである.



4/26(金)

 東京発21:20出雲3号のA寝台個室10号室に乗車.ホームに着いたのが20 分前で夕食が済んでいないのに駅弁が売り切れなのに困りました.出雲には食堂車も 車内販売も無いのです.しかたなくキヨスクで缶ビールとおつまみ,それにドーナツを 2袋を買うしかなかったのである.隣のホームを見ると湘南ライナーを待つ列が長い.
 乗ったA寝台は新型だった.ドアキーはカード式,室内はAV装置付きである.又 シャワー券や洗面用品もサービスだ.13100円の料金は高いかも知れないが走る ホテルとしてはこれならまあまあと思う.欲を言えばビデオは衛星放送でも見れるよ うになれば言うことなしなんだが.



4/27(土)

 翌朝は山陰線に入った豊岡付近で目がさめる.終着の出雲市には10:39着.そのあと普通列車と快速 を乗り継いで浜田着は昼過ぎの13:08.
 ここで下車し,駅前で昼食.14:00発の広島行き特急バスに乗る.バスは国道 186号線で中国山地を越え,JR可部線と出会ったところで高速道路に入る.高速 路も広島のすぐ北まで開通しているのだ.広島バスセンターで下車し,銀山町にある ビジネスホテルを予約する.広電の路面電車に乗り銀山町下車.料金130円.
 ホテルにチェックインし,明日の宿泊を益田に予約する.



4/28(日)

 広電で広島駅へ出る.山陽線のホームに出ると品川発博多行きの急行玄海が入線 してきた.20系の臨時でゴールデンウイークのみ走るようだ.塗色がピンクを使っ ているのでハデに見える.乗りたかったが全指定寝台専用なのでだめだ.後続の07:25 発の普通下関行きに乗る.最初はこのまま下関迄行こうと思っていたのだが,岩国で 岩徳線に接続がいいので岩徳線に乗り換える.
 岩徳線は旧山陽本線であり,駅舎や長いホームの造りなどにその風格を見ることが出来 る.西岩国駅は旧岩国駅だったそうだ.09:33徳山着.
 再び山陽線に乗り,下関には11:50着.
 昼食後,12:44発の山陰線長門市行きに乗る.そうそう,厚狭/長門市以西は 津和野/萩フリーきっぷの範囲外なので別に乗車券が必要だ.ミニ周遊券ならここまでフリー範囲に入っ ているのに,この切符はなぜかだめなのだ.この山陰線の区間は以前に何回か D51の撮影に来たことのある懐かしいところだ.たしか20年近く前の事である.
 長門市着14:42.ここでワンマンカーの益田行きに乗り換え.1両編成のため 満席だ.客車列車時代の昔はどんなに利用客がなくても5〜6両はつないでいたのだ が.今となってはしかたがない.ワンマンは整理券方式で後ろ乗りの前降りで料金後 払い方式だ.しかし,車両は従来の気動車を使っているため料金箱の位置などは使いに くいようだ.乗車券を持っている乗客は後ろのドアから降りている.どうもまだ徹底さ れてないようだ.しかし混雑時は車掌が乗ることもあるようだ.
 益田着は17:00,駅から5〜6分のホテルにチェックインする.


4/29(祝日)

 目がさめると外は雨.テレビの天気予報を見てもいまいちの予報だ.雨中の撮影は いやなので,山口線ではなく山陰線で東萩まで行ってみる.萩でも雨はやまず,又戻りとり あえず津和野へ向かう.山陰線の宇田郷あたりも鉄道撮影向きの良いところがあり, 今日は欧風気動車のブルーライナーが走るのだが,この雨ではどうもダメだ.
 津和野には11:55に着いたがそのままひとつ先の船平山迄行くと,雨も一旦 上がったので下車し,そこでSLを向かえることにする.田圃の畦道でシャッターを 切ったあと又雨が落ちてきた.
 このあと津和野へ戻る.雨のせいか休日の割には観光客は少ない.帰りのSLは近 いところの橋の先の築堤でねらう事にするが,風も出てきてだいぶ濡れてしまった.
 駅へ戻るとうまく臨時の快速ブルーライナーに乗る事が出来た.内装も豪華でAV 装置のモニターテレビには前面運転室の展望風景が映し出されていた.山口まではノンストップ, 山口からは定期の普通列車に併結で快適に小郡17:23着.
 雨も上がり明日は天気になりそうだ.本日から小郡で3泊することにする.



4/30(火)

 宿泊は駅前のビジネスホテル.個人経営の中クラスだが1泊4K円代だ.駅のすぐ前 で7階の部屋からは小郡駅の様子がよく見える.鉄道ファンにはこたえられない良い場所 だ.8時頃からSLの汽笛が聞こえ出す.今の期間,小郡駅ではSLのC62/D51 /C56の展示会が開催されており,その入れ替え作業が窓からよく見える.しかし, 開催時間が10時から17時迄なので見れないのが残念.
 さあ今日はよい天気,09:33発の列車で仁保へ向かう.駅から2〜30分歩いた 所で往きのC57を撮る.その後再び津和野へ向かう.津和野駅前でゆっくりと食事を 済ませ,レンタサイクルを借りる.2時間500円だ.15分位走ったところでSLを 狙う.平日とあって撮影者も少ない.
 帰りは昨日と同じ快速列車で小郡のホテルに戻る.




5/1(水)

 今日は駅レンタカーを借りてクルマで行くことにする.車種は自分のクルマと同じトヨ タ車にする.これは操作系がほとんど自分のクルマと似ていて運転しやすいからだ.早速徒歩では行きにくい 仁保の一番奥まで入る.駐車スペースにはもう5台来ている.この辺は千分の25勾配 の連続で汽笛が聞こえてもなかなかSLはやってこない.時速30Kmくらいで通過して 行った.

 レンタカーは国道9号線に戻り,信号機の全く無い快適走行.途中で追い越したSL を徳佐駅の先で狙う.田圃は早くも植え付けが済んでいるが北風が冷たい.
 途中の船平山ドライブインで昼食を済ませて,津和野の一番山奥に入る.数年前に来 たときにもこの奥にレンタサイクルで来たことがあるが,クルマだと本当に楽だ.まず トンネルの出口でDXブルーライナーを撮る.今回このような臨時ジョイトレが2往復 も走っているのでシャッターチャンスも飽きない.その後途中まで戻り,築堤カーブ が俯瞰できる山の中腹まで徒歩で登る.道もつくられたお立ち台のようなところがある のだ.ここではSLに6回もシャッターが押せた.(右の写真)
 帰りは途中で快速ブルーライナーを撮り,あとは快適な9号線を小郡南口まで帰る. ガソリン代は900円未満であった.




5/2(木)

 今日も仁保へ行くことにする.仁保駅にはタクシーが無いので手前の宮野駅で下車. 駅前のタクシー専用の電話からクルマを頼むと2〜3分でやって来た.そして昨日と同じ仁保 の奥まで行ってもらう.料金1760円.レンタカーは10K円もかかったが,タクシー は安いものだ.
 帰りは1時間かけて仁保駅まで歩きだ.運悪く途中から雨が落ちてきた.この仁保周辺は駅や国道の 近くでも本当に何もないところで,やっとパンを売っている雑貨屋を見つけて昼食とする.
 時間をかけて歩いたので次次発の列車で津和野へ向かう.雨は一応やんだがまだ降りそう なので帰りのSLは駅に近い築堤の俯瞰撮影とした.案の定シャッターチャンスの時は雨が 降り出した.しかし,気温も下がったため煙はすごかった.珍しく,新潟から車で旅行 途中の若い女性と一緒にシャッターを押した.
 帰りに乗った快速も平日はガラ空き.山口での併結では6両編成となるが,下校時間 となって結構高校生が乗って来る.ブルーライナーの車両はデラックス車のため一般の 客は避けて後のいつもの気動車に乗る人もいるが,乗り得だといってはしゃいでいる高校生もいる.
 小郡発17:46ひかり60号の自由席に乗車.新幹線は混んでおり, 広島までは立席で,岡山には19:13着.食事を済ませてから駅前のホテルにチェックイン.




5/3(祝日)


 08:20岡山発普通姫路行きに乗る.和気駅で片上鉄道の車両が見られるかなあと 思ったが見られなかった.網干で下車.結構下車客が多い.皆,新快速の始発列車に乗 り換えるのだ.私も12両編成の最後部に並んだので,余裕で窓際に席を取る.
 快速は京都11:29着.姫路から1時間半だから早い.本当はこのまま米原まで行 きたかったのであるが,米原での接続が極端に悪いので11:45の新幹線に乗り換え る.これで米原12:14発の快速に間に合う.しかしこの3両編成の快速,発車間際 であり混んでいるのだ.車内で駅弁を食べようと思っていたのだが.岐阜で着席できた が駅弁は無し.しかたなく名古屋駅で一旦下車してホームのきしめんにありつく.
 次の列車は13:42発新快速豊橋行き.豊橋,浜松で乗り継いで16:26に静岡 着.
 静岡からは待望の165系急行東海4号16:54発に乗車.ガラガラで発車.途中 からも乗って来るが着席率が50%を越えることはなかった.しかし,結構普通列車と 思って乗って来る客があとを絶たないようだ.車掌もしきりに注意を促す放送をしてい る.
 品川着が19:19.この後山の手,東上線で帰宅したのである.
(A.Kaneko 1991)・・2008更新


Copyright (C) 1997-2008 JA1KLB
inserted by FC2 system